つけることで運転も慎重になるかもしれませんね

最近車にドライブレコーダーをつけている人が増えているそうです。

 

というのも、交通事故が起きた際、目撃者がいなければどうしても事故を起きた当事者のみの意見でしか事故を判断することが出来ず、実際には自分が悪くない状況であっても、相手の言い方次第で自分がふりになってしまうことがあるそうで、客観的な情報として映像を記録しておくことがとても重要だからだそうです。

 

 

 

ドライブレコーダーがあれば、たとえ相手が歩行者や自転車であっても、相手が道へおもいっきり飛び出してきて避けられないような状況の事故で会った場合は車に責任が問われないこともあるそうです。

 

 

 

これがもしも映像の記録がなければ、やはり車が悪くなる可能性が高くなってしまうそうです。

 

 

そういったことを避ける為にはドライブレコーダーで事故の瞬間を記録しておくことの大切さが分かりますよね。

 

 

 

とはいっても、自分が悪くないと思っていても、ドライブレコーダーで確認すると自分が悪かったのであればそれが記録されているので注意が必要です。

 

 

もちろん事故の原因を作った方が悪いので、そういった意味ではつけたからすべて自分の都合の良い方になるわけではないのです。

 

 

 

ですが、ドライブレコーダーをつけておけば、事故の瞬間だけでなく自分の運転が常に記録されているのだという緊張感が発生しますので、より安全運転を心掛ける意味でもつける価値があるのではないでしょうか?